日本の生活水準―Vinh Phuc 省、Phuc Yen 市での新たなトレンド

最近、日本では家族向けの自然体験活動が増えています。田舎の清潔で静かな自然環境の中でゆっくりと過ごすことは、安らぎを感じ、家族全員を結びつけるための素晴らしい精神的なを妙薬です。

現代の生活で、豊かな自然と共に過ごしたい人はどんどん増えています。特にVinh Phuc 省、Phuc Yen 市は、不動産プロジェクトの計画、設計、開発における新たな中心地になりつつあります。
 

TMS Grand City Phuc Yen の規模は18,57ha 、6500万ドル程度総資本金


Vinh Phuc市でのTMSの目覚ましい成果

Quy Nhon とDa Nang のリゾート不動産プロジェクトに進出したことに加えて、TMSグループがPhuc Yen市でのプロジェクトを目覚ましい速度で進め、先進的な活躍をし、著しい進歩を遂げたことを専門家から高く評価されています。

Phuc Yenの新た都市を開拓する「先駆者」としてTMSグループは、地方市場を席巻し、便利な市街地を構築するという戦略を実施します。この戦略が取れる投資家が多くありません。

このプロジェクトの特別な魅力は、ベトナムで初めて、日本のライフスタイルを備えた高級住宅街にあります。このプロジェクトの場所は2本の国道からそれぞれ500m、ノイバイ空港から10分のPhuc Yen市の中心部に位置します。
 

TMS Grand City Phuc Yenショップハウスの展望


ベトナム不動産ブローカー協会の副会長―Nguyen Van Dinh氏によると「ハノイの土地は次第になくなり、価格が高くなるため、投資家は地元の土地を選ぶのが現在の傾向です。TMS Grand City Phuc Yenでは、土地のホットトレンドであるだけでなく、インフラを備えた市街地の真ん中にあり、工業団地や空港も近くにあるため、大きなインパクトがあります。

その一方で、人口密集地域、活気にあふれたビジネス街、学校、病院、スポーツセンター、文化センター...など、特に、近代的な工場―国内外の何千人もの労働者、エンジニア、専門家が毎年働いているところに位置し、投資家にとって長期的な価値を高めることを確約します」。

Vinh Yenの標準は日本風市街地

投資家の代表者は「日本の美しい桜にインスピレーションを得た、TMS Grand City Phuc Yenは日本の穏やかな雰囲気をもって特別な価値をもたらします。

中央に温水プール、活気のある公園(子供向け)、静かなティーガーデン(高齢者向け)、屋外スイミングプール、スポーツ施設、瞑想エリアなどのガジェット、活気に満ちたショッピングモールとリラックスできるサイクリングロードは静かで自然に近い生活を提供します。

プロジェクトの花園の展望
 

北西部からハノイへの玄関口にあるPhuc Yenが首都の衛星都市となることで、Phuc Yenは直ぐにダイナミックで近代的な都市になるでしょう。第2の都市になれば、ハノイ空港に行くことも便利で、周辺地域へも車で15分走れば行けるPhuc Yen は、将来目覚ましい発展を遂げるに違いありません。

その上、Phuc Yenは、ホンダやトヨタを始めとした外資系企業の、ベトナムでの大規模な工場や事業所を置くための最有力候補地になりつつあります。 これらの位地は、都市が内部居住者に文明化されたサービスを提供し、都市側は都市コーナーの外観を変更し、日本の基準を持つ唯一の「生きている」プロジェクトになるために必要かつ十分な条件です。

(baodautu.vnにより)