東京でTMSグループは日本企業と協力すること

TMSグループ主催の一連のイベントの中で、4月8日に東京で投資促進セミナーは約300社の企業や投資家が参加することになりました。セミナーは、日本の投資家にベトナムの不動産への投資動向に関する情報を提供し、同時に TMSグループの今後のプロジェクトは紹介することです。(Bac Giang, Thai Nguyen, Binh Thuan, Quang Binhで)。​

東京で投資促進セミナーは約300社

日本パートナーの投資先

TMSグループに関する情報についてもっと理解するために、多く日本の企業はセミナー開始の前に出席しました。Kairinグループ社長― 林昭夫氏も、セミナーに早く出席した参加者です。 日本にとって、ベトナムは非常に有望な国であり、この地域の経済発展を高く評価すると述べました。 近年、日本企業は多くの外国市場に投資し、ベトナムには利点があります。 TMSグループの投資促進セミナーを通じて、ベトナムにおける日本企業はチャンスと投資の可能性を理解し続けることと期待します。
 

Kairinグループ社長― 林昭夫氏はベトナムに投資することは高い評価です。

活気に満ちたセミナーの中で、TMSグループの代表はベトナムの経済の発展することで多くの企業に発展させ続け、TMSグループでもベトナムの一流の権威ある企業であり、多種類のグループになります。TMS Groupは現在、ベトナムの一流不動産開発企業のトップ10にランクです。TMSグループは、15年間の開発プロセスの中で、ベトナムでの派遣分野で13年経て、日本のパートナーとの15年間の協力し、オーストラリアや他の国々との成功した協力することで、TMSグループは良い思想と経験があると評価されています。グループは若い人員、熱意、才能、大規模な土地基金を持ち、TMSグループが開発したプロジェクトは、病院、学校、子供の遊び場などコミュニティに利益をもたらすため、ベトナム政府から奨励されています。
 
参加者はベトナムの投資環境やTMSグループの潜在的なプロジェクトについて質問することに興味を持っています

不動産に中心するとして絶好な場所でリゾートおよび商業分野におけ高級な不動産プロジェクトを開始しました( TMS Hotel Da Nang Beach, TMS Hotel Quy Nhon Beach, TMS Grand City Phuc Yen)2019年、2019年に、TMSグループは都市と地方で新しいプロジェクトを実行し続けました(TMS Green Diamond (Vinh Phuc), TMS Worl Quang Binh (Quang Binh), TMS Metropolis Bac Giang (Bac Giang), TMS World Binh Thuan (Binh Thuan))この場所はパートナーや顧客に高収益の投資チャンスを約束する。このセミナーを通じて、TMSグループは、ベトナムの不動産市場や投資チャンスに関する最新情報を提供し、潜在的なパートナーや投資家とさまざまな形で協力することと求めている。

信頼できるパートナーで製品の価値を高めます

駐日ベトナム社会主義共和国大使館―Le Thanh Phuong公使参事官は投資資本は約90億ドル/年で日本は2年連続でベトナムで第1位の投資家になることはよ喜びと表現しました。日本の投資家の累計投資額は580億米ドルを超え、ベトナムに投資している125カ国の中で2番目です。
駐日ベトナム社会主義共和国大使館―Le Thanh Phuong公使参事官は“TMSグループはいいパートナーと協力することができる”と期待している

Phuong氏は政治的、社会的安定性、若い人口、高い経済成長、法制度が改善され、簡素化された行政手続および政府から援助していだだくことは、ベトナムの外国人投資家の注目を集める重要な要素です。
Phuong氏は今後のプロジェクトの協力のためにTMSグループはいいパートナーと協力することができると期待している。
日本のベトナム大使館―Nguyen Xuan Tien参事官部長によると、現在、日本からベトナムの不動産に投資は12%ぐらいので、だからベトナムの不動産はまだ多くの可能性を持っています。
Nguyen Xuan Tien氏は、日本におけるTMSグループは投資促進を積極的求めることを高く評価しました。 ベトナムの市場を調べさせ、投資するためにTMSグループは今後のプロジェクトを紹介することになりました。こらは両国間の良好な協力のための第一歩となると強調しました。

ベトナム大使館―Nguyen Xuan Tien Nguyen Xuan Tien参事官部長(右)と福社長TMSグループーNguyen Viet Thungは、ベトナムの不動産投資動向について日本の投資家に情報を提供しています
ちなみに、福社長TMSグループーNguyen Viet Thungは投資促進セミナーを通じて日本の企業や投資家にTMSグループのパンランドを広告するため、不動産、健康、ハイテク農業における戦略的パートナーを探し、同時にパートナーに安心的に投資するためのベトナムで政策と投資環境を導くことです。

TMSグループの副社長 -  Nguyen Viet Thung氏は日本の後には、グループがアメリカ、韓国、オーストラリア、シンガポールで協力を促進すると述べました。TMSグループが急速に成長し、将来的に強く持続可能な分野を発展させるのを支援する、強力な管理、運用および設計の優位性を持つ国々です。

TMSグループは、東京で開催されたセミナーを成功した後で、4月9日から10日まで福岡県と大阪で投資促進セミナーを開催することになりました。
 

TESグループ社長のKesagayama Mikio氏によると、TMSグループはTICと13年間の協力関係で働き方はプロフェッショナル、威信 、日本文化の同じで、TMSグループは大きな発展と多くの分野、ベトナムに投資したい日本の投資家にとって良いチャンスです。
 

 外国投資庁(計画投資省)によると2018年、不動産の登録資本金は66億米ドル以上に達し、最も直接投資を集めた分野で2番目です。2019年1月、不動産事業における総登録投資資本は約1億7,910万米ドルに達し、総登録投資資本の9.3%を占めました。ベトナム企業は、特に不動産部門において、海外投資促進活動を実施するチャンスです。
 

(Dantri.com.vn による)