TMSグループのプロジェクトは大阪の投資家を魅了している

―4月9日朝、TMSグループ主催は東京で開催した「投資促進セミナー」の成功を継続し、4月9日セミナーは大阪で開催され、多くの日本の企業や投資家が参加します。


セミナーは多く企業と投資家を大阪で集まっている。
 

現在の投資環境の情報を提供することと大阪の投資家に今後の5つプロジェクトの紹介する(TMS Green Diamond (Vinh Phuc), TMS World Quang Binh (Quang Binh), TMS Metropolis Bac Giang (Bac Giang), TMS World Binh Thuan (Binh Thuan), TMS World Thai Nguyen (Thai Nguyen)。

日本貿易振興機構(ジェトロ)の代表―笹井さんはベトナムに投資している日本の企業は皆、ベトナムは潜在的に非常に豊かで、安定的、収益源をもたらしていることを評価しました。特に近い将来はベトナムの北中部地域における大規模プロジェクトと高速道路プロジェクトが実施されるとき、日本の投資家が協力を発展させるため密接になります。Jetroの調査によると、日本からベトナムに投資することは、事業数と投資資本において増加しました。ベトナムの日本企業の70%が近い将来に事業を拡大し、この市場は88%収益が増加すると期待しています。


日本貿易振興機構(ジェトロ)の代表の発表
 

同意見でGlobal Link Associationの代表―Nakata Yoshinoriは“我々の評価で、近年ベトナムは東南アジアで最も安定、安全的な投資市場です。ベトナムでは、私たちはTMSグループと協力することは幸運です。働き方はプロフェッショナル、熱意、威信で信頼を築き、将来的に協力分野を拡大することになります。


グローバルリンク協会の代表―Nakata Yoshinoriはセミナーの記者に共有すること。

 

特に今回で在大阪ベトナム社会主義共和国総領事館―セミナーはブ・トアン・ハイ総領事は参加しました。ハイ総領事はベトナム政府は、日本の投資家にとってビジネス、投資、有利で平等な環境を作り出すことと約束ました。このセミナーは日本企業にとって有益な情報を入手し、ベトナムでの投資活動を強化する絶好の機会だと強調しました。

在大阪ベトナム社会主義共和国総領事館―セミナーはブ・トアン・ハイ総領事の発表


在大阪ベトナム社会主義共和国総領事館―セミナーはブ・トアン・ハイ総領事は‘ベトナムの不動産市場とTMSの今後の不動産プロジェクトに関する具体的で明確な情報は、日本企業との決意、率先そして協力を示しています。TMSグループは、不動産、教育、健康、ハイテク農業の分野で、日系企業とベトナム企業の間の架け橋であり続けます’と認定しました。

なぜTMSグループは投資促進セミナーを開催する最初の場所として日本を選ぶことにしたのかという疑問に答えるときーNguyen Viet Thung TMSグループ副社長は「日本はハイテク、最高のサービスを提供する国です。ベトナムに投資された日本のプロジェクトは非常に安定しています。だから日本のパートナーとの協力は、TMSグループの製品の価値を高め、顧客に最高の満足をもたらします。」と認定しました。


TMSグループ副会長のNguyen Viet Thung氏(左)

Nguyen Viet Thung氏によるTMS Groupは現在、ベトナムの一流不動産開発企業のトップ10の中です。15年間展開して、TMSグループはプロフェッショナルと13年間で人材派遣の経験があって、15年間日本のパートナーとの協力、オーストラリアおよび他の国々との協力の成功です。
グループがアメリカ、韓国、オーストラリア、シンガポールで協力を促進すると述べました。TMSグループが急速に成長し、将来的に強く持続可能な分野を発展させるのを支援する、強力な管理、運用および設計の優位性を持つ国々です。


セミナーでTMSグループの代表者と参加者
 

東京と大阪での投資促進セミナーの成功の後、多くの日本の投資家は4月10日に福岡で開催することを期待しています。 

(Reatimes.vn による)