TMSグループはベトナムでのプロジェクトに日本技術を導入したいと思います

(ベトナム通信社により)4月8日に、TMSグループは東京(日本)におけ、日本の約300人の個人投資家および企業投資が出席した投資促進セミナーを開催しました。
 
駐日ベトナム社会主義共和国公使参事官のラム・タイン・フォン氏はセミナーで発表しました。(ベトナム通信社により、Dao Tungの写真)

このセミナーは日本の3つ大都市でTMSグループが開催した一連の投資促進セミナーの最初イベントです。同時に、これは日本の投資家に不動産、観光、健康、教育、ハイテク農業などを中心として、ベトナムのTMSグループと協力し、投資する機会を紹介します 。

セミナーで、TMSグループの会長のグエン・バー・ルアン氏はTMSグループが戦略的なパートナーを見つけたい、当グループがベトナムで実施しようとしているプロジェクトに、日本の先進的な管理技術や技術を導入できるよう支援することを望んでいると述べました。それから、顧客にサービス及び効用の質を高めます。

このセミナーを通じて、TMSグループは不動産、健康、ハイテク農業などの分野で戦略的パートナーを見つけたい、同時にベトナムでの投資環境の政策を紹介すると思います。

当グループは、米国、韓国、オーストラリア、シンガポールなどの得意の管理、運営および設計を有する国々と協力を促進する予定です。これも、TMSグループは将来的に全ての分野で速く、強く、持続可能な開発に貢献します。

駐日ベトナム社会主義共和国公使参事官のラム・タイン・フォン氏は、日本が90億ドル/年で2年間連続してベトナムのナンバーワンの投資家になったことを喜んで表明しました。
今まで、ベトナムへ日本投資家の総投資額は580億ドルを超え、ベトナムへ投資している125の国と地域の中で2番目になっています。
セミナの写真:ベトナム通信社のDao Tung により
フォン氏は、政治的、社会的安定性、若い人口、高い経済成長率、法制度の継続的改善、簡素化された行政手続および経済に対する 政府の関心は、ベトナムへの外国投資家の注目を集めることに貢献する重要な要素にほかならないです。

そして、日本へ人材派遣の分野でTMSグループのパートナーであるTICグループの畩ケ山幹雄社長は、ベトナムが経済成長の可能性が高い国だと積極的に評価しました。これは、TMSグループとの長期的な協力を通じて、ベトナム市場への投資を拡大する為に素晴らしい機会で。

ベトナム通信社の記者とのインタビューで、駐日ベトナム社会主義共和国投資参事官のグエンソゥンチエン氏は、現在、ベトナムの不動産への日本の投資金は投資総額の12%を含みます。それから、この分野へ投資の魅力は日本にとってまだ大きいです。
ある日本の投資家が、ベトナムの投資環境とTMSグループのプロジェクトについて質問しました。ベトナム通信社の写真)

チエン氏は、TMSグループの日本での積極的な投資促進セミナーを高い評価し、より多くのベトナム企業がそのような活動を実施することを望んでいました。

2004年に設立されたTMSグループは、人材派遣の分野で開業しました。 現在、TMSグループは、ベトナム全土における何十もの子会社、オーストラリアや日本を含む海外駐在員事務所を抱えるマルチ産業経済グループに成長しました。2019年初めまでに、TMSグループは6,000人以上の従業員がいます。

(ベトナム通信社により)