日本企業:東南アジアで最も魅力的なベトナムの不動産市場

ベトナム通信社 -  49日、グローバルリンク協同組合の中田義典代表理事は、ベトナムの東南アジアで最も魅力的な不動産市場を肯定しました。

グローバルリンク協同組合の中田義典代表理事がセミナーに出席しました。在 日本ベトナム通信社の記者―Thanh Huu  により


中田氏は、大阪で開催されたTMSグループの投資促進セミナーに先だって、べトナム通信社の記者とのインタビューで、「ベトナムではなくて、カンボジアやインドネシアやアジアのいくつ国などの不動産市場は発達しています。

しかし、私にとって、ベトナムは最も魅力的な市場です」と述べました。 彼のっ評価を説明して、中田氏は、ベトナムの不動産市場を外国人投資家にとって魅力的にする主な理由の一つが安全で安定な投資環境だと言いました。

中田氏は10年前に、ベトナムで事業協力を開始しました。 現在、ベトナムは多くの高層ビルが建設されていることで非常に発展しています。 ここの不動産分野は、No.1の投資チャネルになるまで成長しています。

同じ視点があって、日本貿易振興機構(JETRO)のビジネス情報部長の笹井佳子氏は、ベトナムの不動産への外国投資はこれから増加する可能性があると述べました。


日本貿易振興機構(JETRO)のビジネス情報責任者、笹井加子さん。
 写真:在東京のベトナム通信社の記者―Tung Huuにより
 

笹井氏は、2016年から2018年にかけて、日本からベトナムへの投資が急増していると語った。 実際、ベトナムに投資する企業は急激に増加することと共に、オフィスと住宅の需要が急増しています。 これは不動産開発の機会です。

笹井氏は、ベトナムに投資しているほとんどの日本企業はベトナムを潜在的、良い安定した利益をもたらす市場だと評価した事と強調しました。
特に、近いうちに、ベトナムの北中部地域での大規模プロジェクトや高速道路プロジェクトの運用してから、ベトナム市場における開発協力為に日本の投資家にとって好条件となるでしょう。


セミナーには多くの企業や投資家が出席しました。写真:在日本ベトナム通信社のDao Tung  により

 

最近のJETROの調査によると、ベトナムへの日本の直接投資は、事業数と投資資本の増加を続けています。
ベトナムで日本企業の70%が近い将来に事業を拡大する予定であり、88%がこの市場での収益が増加すると予想しています。

笹井さんによると、ベトナム政府もベトナム企業も投資の誘致に注力しています。 これから、ベトナムへ投資する外国企業は増加する一方です。
「ベトナムの不動産だけでなく、他の分野もへ投資が急増する可能性があります」と笹井氏は語った。

それに、大阪に本社があるO.M.NET協同組合の富田徹氏は、ベトナムは豊富な労働力を有する若い国です。 将来的には、投資する日本企業がたくさんあると述べました。

富田氏によると、ベトナムの不動産市場について、現在ベトナム、多くの建物がある不動産会社がたくさんあります。 ただし、この分野の潜在はまだ大きいです。

セミナーの写真:在東京のベトナム通信社の記者―Tung-Huu により


大阪での投資促進セミナーは、投資家にベトナムの投資環境を紹介するためにTMSグループが開催した一連のイベントの中の活動です。 同時に、これもベトナムでTMSグループが開発している不動産プロジェクトと協力できる潜在的なパートナーを見つける機会です、

在大阪ベトナム社会主義共和国総領事のブ・トアン・ハイ氏は、セミナーで「ベトナム政府は、日本の投資家にオープンで便利な投資環境をことを作ることを確約する」と発表した。

「総領事館はベトナムにおける事業投資計画の理解、準備および実施の過程において日本の事業を支援し同行するで」と確約した。

TMSグループについうて、ブ・トアン・ハイ総領事は、TMSグループは過去15年間を経って、日本と伝統的に協力してきた会社であると述べました。
このグループは、トヨタ、キヤノン、パナソニックなどの主要な日本企業の信頼できるパートナーとなっており、ベトナム市場でも有数の権威ある不動産開発の1つです。

また、総領事はTMSグループは、不動産、人材派遣、教育、サービス、ヘルスケア、貿易,ハイテク農業などの分野において、ベトナムと日本のビジネスの架け橋になると確信しています。

2004年に設立されたTMSグループは、人材派遣の分野で開業しました。 現在、TMSグループは、ベトナム全土における何十もの子会社、オーストラリアや日本を含む海外駐在員事務所を抱えるマルチ産業経済グループに成長しました。2019年初めまでに、TMSグループは6,000人以上の従業員がいます。