日本投資推進セミナーにおける多業種開発協力の機会

拡大と発展を続けていくことを目指して、2019年4月7日に、TMSグループは東京 - 大阪 - 福岡(日本)の3都市で大規模な投資促進セミナーを開催します。セミナーには日本国内で約300の企業が参加しました。

過去45年間のベトナムと日本の深い戦略的協力関係に基づいて、日本はベトナムの経済、貿易及び投資において、最も重要なパートナーです。「日の出」という国は、最大のODA開発援助として(1992年以来約300億ドル)ベトナムの社会経済的発展に重要な貢献することになりました。日本でも、約4000のプロジェクトは総投資総額554億ドルでベトナムの2番目に大きい投資家で、3番目に大きい観光産業のパートナーです(2017年に80万人の日本人訪問者、そしてベトナムの4番目に大きい貿易相手国(2017年に335億ドル)。2018年には、上位指導者は訪問するによる両国の戦略的パートナーシップの強化が示され、地域間の協力と人々の交流がますます促進することになりました。

TMSグループは15年以上の建設を経って、多業種開発で不動産の中心の方針とし、ベトナムおよび国際市場、特に日本のパートナーに強い印象を付けることになりました。信用として、全ての分野で品質を開発方針とし、私たちは日本人の文化、精神的に顧客の要求提供し、顧客と投資家に最も効果的な経済的利益をもたらし、高品質の製品とサービスの創造に建っています。

両国間の良好な協力関係を受け継くことに基づいて、2019年4月7日から、TMSグループは東京 - 大阪―福岡の3都市で大規模な日本の投資促進セミナーを開催します。セミナーには、日本の企業や一流の日本の金融機関の代表は300人ぐらいのゲストが参加しました。



セミナーは日本の投資家がベトナム市場における最新の投資動向を把握し、両国の貿易関係、事業間の良好な協力を密接に結びつけるために機会をもたらすことになりました。イベントの中で駐日ベトナム大使特使全権大使Vu Hong Nam、在ベトナム大使特使全権大使梅田邦夫、大阪で在ベトナム総領事館 Vu Tuan Hai、Fukuokaで在ベトナム総領事館 Nguyen Phuong Hong、TMSグループの議長Nguyen Ba Luanは、ベトナムの投資環境についての有益な情報と不動産の概観、そして健康、教育および農業の分野における優れたプロジェクトはベトナムの市場における日本の投資家のためのメカニズム、政策、手続きも提供することです。 

この際に、TMSグループは投資勧誘プロジェクトを紹介し:TMS World Binh Thuan (Binh Thuan), TMS World Quang Binh (Quang Binh), TMS Green Diamond (Vinh Phuc), TMS Metropolis Bac Giang (Bac Giang), TMS World Thai Nguyen (Thai Nguyen)…などの高級不動産プロジェクトです。TMSグループの不動産プロジェクトは、綺麗なビーチに近く、潜在的な市内中心部に近い場所で位置、自然の利点、観光、交通の利便性が投資家に利益なビジネスチャンスがもたらすことです。各プロジェクトは国際基準、一流の実用的なサービス、独特なプロダクト、優秀な販売方針が投資家に持続可能な価値を作成することです。

さらに、TMSグループは国際規格の病院、ヘルスケア、および医療プロジェクトとハイテク農業への投資も募集することです。これらのプロジェクトは、大規模で近代的な設備、現代な技術の応用、大きな利益をもたらす特長です。日本のパートナーはTMSグループが実施されている各プロジェクトに関する詳細な情報をすべて提供されるだけでなく、協力して大規模で価値の高いプロジェクトへと発展させる機会もあります。